環境への取り組み

札幌工場で製品の製造に使用している水は、札幌市清田区白旗山を水源として長い時間をかけて育まれた地下水です。
これからも美しい水を守り育てていくため、2011年に札幌市と「環境事業に関する協定」を締結しました。
「白旗山の森づくり」として、「森に学ぼう」プロジェクトわくわく体験ランド北海道in白旗山がスタートしました。
地域の方々との植樹活動や子どもたちとの自然散策などの取り組みを開始し、50年にわたり継続して森づくりに取り組んでいきます。

  • 当グループ社員も子どもたちのリーダーとして参加
  • 植樹地点を目指してレッツゴー!
  • 「森の身体測定」みんなで協力して植樹にチャレンジ
  • 色々な種類の木の高さを測ってみよう!
  • 水源地で水温を計ります。地上に沁みこんだ雨水が山の中腹で湧き出てくるのに40年かかると言われています
  • 「森の身体測定」の結果を3Dで再現
  • 間伐材を使った木工クラフトに挑戦
  • これからも森を守り続けます!
森に学ぼう

北海道e-水プロジェクト

北海道の豊かな水資源と美しい自然環境を次世代へと引き継いでいくことを目的として「北海道e-水プロジェクト」を、2010年より北海道と(公財)北海道環境財団との連携のもと推進しています。

これは「ジョージアサントスプレミアム北海道限定デザイン」の売上の一部を、広く公募した北海道の水辺を守る団体の活動に役立ててもらう取り組みです。
各地域の団体が行っている水辺の観察会や清掃などのさまざまな活動には、当社社員も積極的に参加して、自然を愛する人と地域のきずなを深めています。

ジョージアサントスプレミアム
北海道e-水プロジェクト

山のがっこう

サイエンスフィールド白旗山の開校!

2013年7月、北海道大学大学院環境科学院と連携・協力協定を締結。
当社工場の水源である白旗山を活用した環境教育について、地域の関係者が連携しながら検討を重ね、学生が中心となって学術的な要素を取り入れたイベントを実施しております。

札幌工場のエコなひみつ!

微生物の力で水をきれいに!ラグーンシステム

札幌工場では「ラグーン処理方式」と呼ばれる専用施設で排水を処理し、国の排水基準を遵守しています。これは微生物の自己浄化サイクルを利用した、余剰汚泥の発生量が少ない排水処理システムです。

自然の力で水をきれいにするよ!
ラグーンシステム

酸素を取り込むことで微生物を活性化させます

ゴミは全てリサイクル!札幌工場はゼロエミッション

札幌工場では、2000年より廃棄物の埋め立てと単純焼却処理ではなく、全てをリサイクルする「ゼロエミッション」に取り組み、2001年から目標を100%達成しています。

ゼロエミッション